Select Language

キングダムノート×セーラー 別注万年筆&ボトルインク 「源氏物語シリーズ」 第4弾 末摘花

キングダムノート×セーラー 別注万年筆&ボトルインク 「源氏物語シリーズ」 第4弾 末摘花

「なつかしき 色ともなしに 何にこの 末摘花を 袖にふれけむ」

常陸宮(ひたちのみや)と呼ばれる皇族の一人娘だが、父親を早くに亡くし困窮して過ごしていた末摘花。
荒れた家に住む悲劇の姫君がいるという噂を聞き、光源氏は興味を持ち求愛しますが、顔を覗き見て仰天します。
お世辞にも綺麗とは言えない容姿に、変わった衣装。極めつけは赤い大きな鼻!
鼻(花)が赤(紅)いことをかけ、紅花の別名の「末摘花」と呼ばれます。世間知らずで人一倍の恥ずかしがり屋ですが、
訪ねてこない源氏を疑うこともせず、ずっと想い続ける一途な末摘花。
そんな素直で純粋な姫を放っておけず、光源氏は生活の援助をし、最後まで添い遂げる女性の一人となります。

製品情報

万年筆 末摘花

正月の衣装として光源氏から末摘花に贈られた着物は、
「柳の織物の、よしある唐草を乱れ織れるも、いとなまめきたれば~」
光源氏は、器量の良くない末摘花には似合わない、柳の織物に上品な唐草模様を織りだした艶やかな衣装をあえて選び、人知れず微笑みます。
柳の織物をイメージした淡く優しい緑を軸色に、代表的な柳の襲(かさね)の配色である白を天冠と首軸、尻軸にそれぞれ配し、ペン先には蔓唐草(つるからくさ)を刻印しました。

ボトルインク 柳の織物&紅花

源氏物語シリーズ 万年筆の第四弾「末摘花」をイメージしたインクです。正月の衣装として光源氏から
末摘花に贈られた着物は、 「柳の織物の、よしある唐草を乱れ織れるも、いとなまめきたれば~」
光源氏は、器量の良くない末摘花には似合わない、柳の織物に上品な唐草模様を織りだした艶やかな衣装をあえて選び、人知れず微笑みます。風に揺らぐ、しなやかな柳の葉をイメージしました。

源氏物語シリーズ 万年筆の第四弾「末摘花」をイメージしたインクです。
「末摘花」の名前は、末摘花の鼻がやたら高く、先が赤く垂れていた様子から、「紅鼻」と呼ばれ、
同じ読みの「紅花」の別名である「末摘花」とつけられました。古くから染料としても使われる、
鮮やかで情熱的に咲く紅花をイメージしました

PAGE TOP

万年筆 買取

買取可能エリア

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。


当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号