Select Language

セーラー万年筆×キングダムノート『源氏物語』─宇治十帖─

セーラー万年筆×キングダムノート『源氏物語』─宇治十帖─

華やかな平安の貴族社会を、色鮮やかな万年筆とインクで表現した「源氏物語」シリーズ。
2017年に発売した源氏物語シリーズは光源氏を取り巻く「7人の女性」。 2019年には主人公「光源氏」にスポットをあてた2種を発売しました。 シリーズ最後となる2020年の今作は「宇治十帖」をテーマにした6本です。

『源氏物語 宇治十帖』
宇治を舞台とした「橋姫」から「夢浮橋」までの最後の十帖。
光源氏の子、薫(かおる)と孫の匂宮(におうのみや)の二人の男性と、大君(おおいきみ)、薫(かおる)、浮舟(うきふね)の三人の姫君が織りなす悲恋の物語です。

セーラーのプロフェッショナルギア・レアロをベースにした万年筆。
ペン先にはそれぞれの帖に登場する印象的なモチーフやイメージを刻印しました。
着物の襲(重ね)を表現するかのように、インク窓から覗くインクと併せてお楽しみください。

<其の三> 薫(かおる)

「橋姫の 心をくみて 高嶺さす 棹(さお)のしづくに 袖ぞぬれぬる」
橋姫のようにこの山里で淋しく暮らしているあなたを思うと、涙で袖が濡れてしまいます
~薫から大君、中君へ詠まれた和歌
※「橋姫」とは宇治に住む、一人寂しく恋人を待つ女性の例え

【宇治十帖 薫(かおる)】
生まれつき身体から芳しい香りがする事から呼ばれていた名、「薫」。
母・女三宮は若くして出家し、父である光源氏もどこかよそよそしく、自分の出生の秘密に悩み、日頃から出家を考えていた薫は、仏道修行に励む道心深い八の宮の人柄を慕い、何度も宇治邸に通います。

そしてある日、有明の月の下で箏(琴)と琵琶とを合奏する美しい姫君たちを垣間見たのをきっかけに、気品高く優雅な大君に想いを寄せるものの受け入れられず、その後大君は病に倒れ死に別れてしまいます。大君亡き後も薫は中君や浮舟に大君の面影を重ね、求め続けることになります。

万年筆

軸色は国宝「源氏物語絵巻 橋姫」(宇治十帖第四十五帖)に描かれている、薫が大君と中君を覗き見る場面での装束を表現。
ペン先には実父である柏木の遺品である竜笛を刻印しました。
律儀で細やかな心遣いに長けている薫の、淡々しい色合いの装束姿をお楽しみください。

【字幅】 極細字/細字/中細字/中字/太字/ズーム

【セット内容】
・オリジナルボックス
源氏物語シリーズのイメージカラーでもある紫で統一したオリジナルボックス。表に施された「源氏物語」は毛筆で書いたオリジナルデザインです。
・巻紙
源氏物語シリーズの由来、また今回の万年筆にまつわるお話しです。
・ボトルインク 薫(かおる)
誠実な薫に似合う爽やかな衣装をイメージした、淡いブルーのインクです。
・畳ボトルインクマット
源氏物語のイメージにもピッタリの、畳(和紙製)インクマットです。 お好みのインクを置き、卓上から源氏物語の雰囲気をお楽しみください。



PAGE TOP

万年筆 買取

買取可能エリア

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。


当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号