• おすすめ

神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square 新品

この商品のレビューを書く(レビュー件数0件)

【シュッピンポイント3%還元】

この商品の閲覧者数589

¥6,930(税込)
¥6,300(本体価格) ¥630(消費税)
 シュッピンポイント:189ptシュッピンポイントについて

  • Currency Converter
  • Exchange
  • fx
商品状況
在庫あり
個数を選ぶ
ギフトラッピング


この商品の欲しいリスト登録者数

下取交換をご希望の場合も、「カートに入れる」を押して次のカート画面にお進みください。

欲しいリストに追加 追加すると、価格や商品情報が更新された際にメール配信でお知らせします。


マイアイテムに追加 この商品をお持ちの場合はマイアイテムに追加できます。

自分のオススメをSNSで拡散

この商品のレビューを書く(レビュー件数0件)

100%ピュアホワイト!
罫線までまっしろなノートです。

CIROはもともと、万年筆ユーザーのために開発されました。
日々万年筆を愛用する方々には、日記はもちろん、詩作などの文筆表現者も多く、書いた「作品」を頻繁に読み返す傾向があるようです。
快適に読み返せるノートがあれば、そんなクリエーターの方々にも喜んでいただけるのではないかと考えました。

そこで商品コンセプトを「美しく読む」と設定。
書くことに主眼を置いた一般的なノートからの差別化を図ることにしました。

ところで、罫線というものは、書くときには必要ですが、読むときには、実はたいへん邪魔なものです。
小説や雑誌の行間にいちいち罫線が引かれていては、ちょっと読む気になりませんよね。
読むことを優先するなら、罫線は不要です。

とはいえ、罫線がなければ美しく書くことができません。
最低限のガイドラインは欲しい。
だけどスッキリ読みたい・・・

この相反する要求に応えるのが、白い罫線です。
美しく書いた後には、美しく読み返したい。
CIROは、「書く」と「読む」の間に、いまだかつてない新しい調和をもたらします。

CIRO+(シロ・プラス)は万年筆専用紙〈Liscio-1|リスシオワン〉を使用した高級ラインです。


【CIRO+ square|シロ・プラス スクエア】

角背上製本
リネンの表紙
189mm×189mm(外寸)
182mm×182mm(紙面)
8mm罫
216ページ
万年筆専用紙〈Liscio-1〉を使用

※「神戸派計画」は大和出版印刷株式会社が「神戸」と「書く」をテーマに運営する紙製品ブランドです。


筆記具の基礎知識

高額買取
商品説明を詳しく見る>>
  • ディスプレイにより、色の見え方が実際の商品と異なる場合があります。
  • 掲載商品は店頭販売もしている関係上、ご注文メールを送信いただいた時点で、すでに完売や予約済みになっている場合があります。また、在庫状況によってお届けまでにお時間をいただく場合があります。予めご承知おきください。

神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square メイン

    サムネイル画像をクリックすると拡大します
  • 神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square メイン
  • 神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square 1
  • 神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square 2
  • 神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square 3
  • 神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square 4
  • 神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square 5

商品情報

メーカー 神戸派計画
商品ID 4560474300465
メーカー希望小売価格 ¥6,930(税込)
販売価格

返品・交換 返品・交換について

こちらもおすすめ!

神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) squareのその他の商品

前へ

次へ

製品説明


神戸派計画│CIRO

100%ピュアホワイト!
罫線までまっしろなノートです。




■商品の特徴

なんで罫線が白いの?


CIROはもともと、万年筆ユーザーのために開発されました。
日々万年筆を愛用する方々には、日記はもちろん、詩作などの文筆表現者も多く、書いた「作品」を頻繁に読み返す傾向があるようです。
快適に読み返せるノートがあれば、そんなクリエーターの方々にも喜んでいただけるのではないかと考えました。
そこで商品コンセプトを「美しく読む」と設定。
書くことに主眼を置いた一般的なノートからの差別化を図ることにしました。
ところで、罫線というものは、書くときには必要ですが、読むときには、実はたいへん邪魔なものです。
小説や雑誌の行間にいちいち罫線が引かれていては、ちょっと読む気になりませんよね。
読むことを優先するなら、罫線は不要です。
とはいえ、罫線がなければ美しく書くことができません。
最低限のガイドラインは欲しい。
だけどスッキリ読みたい・・・
この相反する要求に応えるのが、白い罫線です。
美しく書いた後には、美しく読み返したい。
CIROは、「書く」と「読む」の間に、いまだかつてない新しい調和をもたらします。


白い罫線って、見えるの?

CIRO の罫線は、紙1枚だと見えませんが、製本して重ねるとラインが浮かび上がるよう設計されています。
何気なく眺めたときはまっしろでも、いざペンを持って書こうと臨めばちゃんとガイドになる。
いまだかつてない「機能」をもつ罫線です。
この「見えないけど、見える」罫線を実現するために、インキメーカーと共同で数多くの白インキをテストしました。
さらに、罫線の太さやアミ点の濃度を何十通りもの組み合わせで印刷し、検証を重ねています。
印刷オペレーターは、目を凝らさなくては見えない、目を凝らしても見えない白いラインと日々格闘し、印刷結果の検証作業は、周囲からは、白い紙を黙々と見つめる変人の集まりにしか見えませんでした。
開発期間は6ヶ月。
神戸派計画開発チームは、幾多の困難を乗り越え、「見えないけど、見える」罫線にようやくたどりつきました。

※白い罫線は最低限のガイドラインとして設計していますので、光源などの諸条件により見えにくい場合もあります。






■デザインについて

デザインコンセプトは「100% PURE WHITE」


「美しく読む」を全うするデザインって、どんなデザインだろう?
また、白い罫線という基本アイデアを、いかに全体のデザインに結び付けるべきなのか?
そしてもちろん、「神戸らしさ」がなくてはなりません。
そんなことを考えていたとき、神戸派代表が何気なく発した「神戸はいい素材をさりげなく使う」という言葉が起点となり、「素(す)」というキーワードが浮上しました。
そして「まっしろ」というイメージが生まれ、デザインコンセプト「100% PURE WHITE」にたどり着きました。
CIROは「100% PURE WHITE」。
徹底的に白にこだわります。
そしてまた、装飾を徹底的に排除し、選び抜いた素材に語らせます。
表紙から中紙・見返し・しおり・花布のすべてがまっしろで、商品名さえ印字されていません。
素材の選定と組み合わせがライフライン。
「デザインしない」ことで、究極のシンプルを実現しています。


やさしいリネンの風合い

〈CIRO+ square〉と〈CIRO+ lite〉の表紙は、リネンをまとっています。
その素朴でやさしく、かざらない自然な表情が、「100% PURE WHITE」を実現するために必要だと考えたからです。
神戸派デザイナーは製本会社のサンプルに満足できませんでした。
いくつものショップに足を運び、求めるリネンを探しまわり、神戸の小さなショップでこれを発見。
製本職人さんに頼み込んで、和紙で裏打ちしてもらい、表紙にしています。 とにかく手間がかかっているんです。
使用前のCIROは、表紙にアイロンがあたっていますので、ちょっとカタい雰囲気ですが、使っていくと適度に毛羽立ってきて、やさしい表情になります。使い込むうちに、手になじむ、自分だけの一冊になってくれますよ。






■開発ストーリー

白インキじゃ見えなくて、断裁できない!
実は、罫線は白と黒の2色印刷です。


意外に思うかもしれませんが、CIROは白と黒の2色で印刷しています。
白い罫線というアイデアをもとに、白い紙の上に白インキで印刷をしてみると、当たり前ですが、まったく見えませんでした。
断裁に必要なガイドである「トンボ」が見えないため、製本ができません。
困った。
神戸派スタッフは、悩みに悩むことになります。
突破口は、神戸派マネージャーの何気ないアイデアから。
最初にスミ(黒インキ)でベタ面を刷って、その上に白インキで罫線とトンボを刷ればええんちゃうの?
白いトンボが黒い面の上に印刷されるので、見える!
当然断裁すれば、黒い面は捨てられるので、まっしろな紙面を妨げることはない。CIROは、神戸派スタッフたちの、気の利いたアイデアと多大な努力の結晶なんです。




リネンの表紙は、製本屋泣かせ。
1枚1枚手づくりで裏打ちしています。


まっしろなノートを実現するためには、もちろん表紙もまっしろでなくてはなりません。
そしてなおかつ、優しい風合いの品格ある高級リネンを使いたかったのです。
期待に胸を膨らませて、製本会社の生地サンプルを見せてもらいました。
ところが、何冊めくってみても、なっとくのいく風合い・素材感のリネンがありません。
そこで発想を変え、女性に人気の生地屋さんをあたることにしました。
神戸や京都のショップを訪ね、白い生地を見て回ったのですが、理想のリネンを見つけたのは、神戸・北野の有名ショップでした。
購入したばかりの生地を製本会社に持ち込むと、案の定、老練な職人社長を難色を示しました。
「裏打ち」という工程が必要だそうです。昔の製本会社はふつうにやっていた仕事だそうですが、製本用生地の普及で何十年前も下ことがなく、いまでは社長にしかできないのだそうです。
ここで引き下がるわけには行かず、商品コンセプトを再度説明し、こちらの熱意と意気込みを何度もお話したところ、社長自ら裏打ちをしてくれると快諾をもらえました。
今永社長、ありがとうございました!
CIROの製本は、神戸の製本職人さんの手づくりです。とにかく手間隙かけています。その中でも特に表紙は、職人さんの技と誠意が込められているんです。




ロゴ コミュレビ

コミュレビでは、あなたのレビューを募集中です!

header
コミュレビTOPへ

神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square を見ている人はこんな商品も見ています

前へ

次へ

Map Camera / GMT / CROWN GEARS で話題の商品はこちら

前へ

次へ

PAGE TOP

万年筆 買取

買取可能エリア

北海道/青森県/岩手県/宮城県/秋田県/山形県/福島県/茨城県/栃木県/群馬県/埼玉県/千葉県/東京都/神奈川県/新潟県/富山県/石川県/福井県/山梨県/長野県/岐阜県/静岡県/愛知県/三重県/滋賀県/京都府/大阪府/兵庫県/奈良県/和歌山県/鳥取県/島根県/岡山県/広島県/山口県/徳島県/香川県/愛媛県/高知県/福岡県/佐賀県/長崎県/熊本県/大分県/宮崎県/鹿児島県/沖縄県

お探しの筆記具が見つからない時
「お探しの筆記具がみつからない!」そんなときはお気軽にお問い合わせください。ご要望の商品をお調べしてご連絡します。

お問い合わせ


偽サイトにご注意ください 

買取・下取交換に関するお知らせ
KINGDOM NOTE「ダイレクト買取係」 フリーダイヤル0120-23-7911

携帯電話からお掛けの方は
03-3342-7911
受付時間11:00~20:30

オンライン査定はこちら

サービス紹介・よくあるご質問

当社は、個人情報の適切な取り扱いを行う事業者に付与されるプライバシーマークの付与認定を受けています。

当社が運営するWebサイトは、グローバルサイン社による厳しい発行基準審査を経ており暗号化通信をしておりますので、高度なセキュリティーで保護されています。

神戸派計画 ノート CIRO+(シロ・プラス) square通販のキングダムノート。様々な筆記具の中古・新品販売、買取・下取を行う筆記具専門の通販ショップ(ECサイト)です。
当社のWEB上の如何なる情報も無断転用を禁止します。
All contents are reserved by Syuppin Co.,Ltd. シュッピン株式会社 東京都公安委員会許可 第304360508043号